柔道教室の東大阪アリーナ八戸ノ里柔道クラブ大阪の柔道教室・東大阪アリーナ柔道クラブのブログです。練習スケジュール,試合の様子など活動報告と柔道に関することを投稿しています。子供から大人まで参加できます。 

視覚障害者柔道 初瀬勇輔 2012年大会の81kg級王者

   ↑  2012/12/05 (水)  カテゴリー: 柔道のコラム
20120527.jpg

緑内障で視力を失い「死にたい」と泣く日々を過ごした体験のインタビューを記事にした「視力を失い、柔道を再開 「目が見えなくてもいいんだ」 優勝して初めて自分を受け入れられた」を紹介します。


高校2年生の時に長崎県大会で3位になり、高校3年生の時には長崎県の強化選手に。その後、県内トップクラスの進学校に通う初瀬には、東京大学に進学し、法律家になるという目標があった。

緑内障は視神経が障害を受けて視野が徐々に欠けていく進行性の病気である。出術を終え、眼帯を外した時の初瀬のショックは言葉にできないほど大きかった。


視力を失った当時は大学2年生の後半で23歳の時だったそうです。

測り知れない程の絶望を感じたことでしょう。


母に「必ず大学は卒業するから」と約束をした。大学サイドは「途中で視力を失った学生は初めてで、他の大学に問い合わせても前例がない」と戸惑ったものの、「前例がないなら、この大学で良い事例を作ろうじゃないか」と前向きな回答をくれた。



大学側の様々な配慮や、友人たちのサポートで卒業できたにもかかわらず、たくさんの友人を失ったとも語っています。

会話の中でのちょっとした言葉などが胸に突き刺さりフェードアウトしてしまったことが理由だそうです。このコメントから当時の心の状態がいかに辛かったのかを想像させます。

そんな1人取り残されたような感覚の中、視覚障害者柔道を開始し、徐々に自信を取り戻していきます。

その後、

・全日本視覚障害者柔道大会の90kg級7連覇
・2012年開催の同大会では81kg級で初優勝
・2008年『パラリンピック北京大会』出場

2012年11月4日には、東京都スポーツ功労賞を受賞しています。現在は、障害者雇用を創造するコンサルティング会社の代表取締役となって活躍しているようです。

株式会社ユニバーサルスタイル





(記事編集) http://judo1010.blog40.fc2.com/blog-entry-80.html

2012/12/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
CATEGORY... この記事を含む前後の記事

Comment

コメントを投稿する 記事: 視覚障害者柔道 初瀬勇輔 2012年大会の81kg級王者

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback