柔道教室の東大阪アリーナ八戸ノ里柔道クラブ大阪の柔道教室・東大阪アリーナ柔道クラブのブログです。練習スケジュール,試合の様子など活動報告と柔道に関することを投稿しています。子供から大人まで参加できます。 

このページの記事目次 (カテゴリー: 柔道のコラム

total 3 pages  次のページ →  

新しいルールは日本柔道にとっては朗報なのか?(Number Web)

   ↑  2012/12/18 (火)  カテゴリー: 柔道のコラム
柔道コラム

総合スポーツサイトのNumber Web(ナンバーウェブ)で、「一本を取る」見栄えのする柔道へ。 新ルールに日本は対応できるか?と、新ルールについて早速記事になっていましたよ。

柔道の国際ルール変更。グランドスラム・パリ大会から試験導入


ロンドン五輪では、ふだんはあまり柔道を見ない人々から、「試合が面白くなくなった」という声も少なからずあった。

 競技のレベルが上がれば、容易に投げが決まらないのはやむを得ない面である。国内での試合も同様だ。それを「拮抗」と取るか、「停滞」と取るか、それは見る人の視線による。

たしかに、ここ数年テレビで放送される柔道は随分華やかでかっこよくなりましたね。そして、イケメンも増えたような気がします。




この変更によって、変質する面があるのは否めない。本来の決まり技のいくつか、例えば『すくい投』や『肩車』は使えないことになる。

流れの中で相手の技をいかに返して投げるかも、柔道を柔道たらしめてきた一つだが、「帯から下を攻撃できない」ことで、その部分にも大きくかかわってくる。競技そのものを変容させかねない。

2010年のルール変更時したときにはタックルが禁止されて、日本に有利に働くと言われましたが、必ずしもそうはならず、海外の選手がルール変更に適応してきました。

これからの日本柔道は、ルール変更に伴いモデルチェンジを余儀なくされるでしょう。それは海外の選手もまた同じこと。

これからどのように対応し、日本柔道の変化に注目されています。


(記事編集) http://judo1010.blog40.fc2.com/blog-entry-84.html

2012/12/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

柔道の国際ルール変更。グランドスラム・パリ大会から試験導入

   ↑  2012/12/13 (木)  カテゴリー: 柔道のコラム
国際柔道連盟(IJF)が、来年2月のグランドスラム・パリ大会から試験導入する新ルールを発表しましたので簡単にまとめてみます。試験導入される新ルールは8~9月の世界選手権(リオデジャネイロ)まで実施して、採用するか判断するとのことです。


●基本ルールの変更
  • 5分間で決着しない場合に行われる延長戦を時間無制限
  • 抑え込みを20秒で一本と変更



●技に関係すること
  • 相手への連続攻撃や返し技のみに認められた「脚取り」の禁止
*肩車やすくい投げが消滅する



●審判に関係すること
  • 旗判定の廃止
  • 畳の上で裁く審判員を3人から1人に減らす
  • 映像でチェックする2人の補佐役を配置
  • 「ジュリー」と呼ばれる審判委員は、審判員らが助言を必要とした場合に意見ができる。




以下、各記事の反応をまとめてみました。

ZAKZAK(ニッポン柔道に早くも黄信号!? 技より力重視のルール改訂

全日本柔道連盟の川口孝夫審判委員長は「内股のかけ放題になる」と、技よりも力重視の傾向が強まることを懸念。岡田弘隆審判副委員長も「脚取り禁止が国内外のコーチ陣を惑わせている。競技が発展する中で技が増えるのは自然の流れだが、減っていくことに違和感を覚える」と指摘した。





MSN産経ニュース(ルール変更、有利不利の判断は早急 要は分かりやすく勝つこと

「脚取りを禁止すれば、確かに攻めの柔道が主流になる。しかし、技の制約で柔道本来の味がなくなる恐れもある。奇襲とか逆転とか」。ロンドン五輪後から熱を帯びたルール改正議論に、全日本柔道連盟の上村春樹会長はこう警鐘を鳴らしてきた。「3大会に1度の検証は必要で、(改正ルールを)さらに変えるとか、なくす決断も求めたい」と、安易な本格導入に待ったを掛けるのも忘れなかった。





SANSPO.COM(サンスポ)(脚取り禁止&旗判定廃止!新ルール試験導入

岡田弘隆副委員長は「日本は神経質に考えるコーチや選手が多いが、柔道がいい方向に進むマイナーチェンジと思えばいい」と冷静に分析した。





日本経済新聞(柔道「脚取り」禁止など、来年2月から試験導入

IJFはタックル技などで相手の下半身を直接攻撃すれば即反則負けとするルールを2010年に導入したが、ビゼール会長が「連続して繰り出す技かどうかを見分けるのが非常に難しい」と話していた。

この記事に含まれるタグ : 柔道国際ルール 

(記事編集) http://judo1010.blog40.fc2.com/blog-entry-83.html

2012/12/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

柔道で使う英会話を学べるサイト

   ↑  2012/12/06 (木)  カテゴリー: 柔道のコラム
柔道で使う英語

日本の柔道競技人口約20万人に対し、フランスでは約80万人と、今や柔道は世界で愛されるスポーツとなりました。せっかく柔道を通じて世界の人達とコミュニケーションがとれるのですから、ちょっとくらい英語ができたほうがいいかもしれませんね。

英語 de スポーツ」は柔道で使いそうな英語を発音とともに教えてくれるサイトです。


例えばこんな文章

■柔道の創始者は誰ですか?

 Who founded Judo

みたいな感じです。

このサイトでは、ゴルフ・テニス・野球・サッカー・スノーボードの英会話を学ぶことができます。









(記事編集) http://judo1010.blog40.fc2.com/blog-entry-81.html

2012/12/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

視覚障害者柔道 初瀬勇輔 2012年大会の81kg級王者

   ↑  2012/12/05 (水)  カテゴリー: 柔道のコラム
20120527.jpg

緑内障で視力を失い「死にたい」と泣く日々を過ごした体験のインタビューを記事にした「視力を失い、柔道を再開 「目が見えなくてもいいんだ」 優勝して初めて自分を受け入れられた」を紹介します。


高校2年生の時に長崎県大会で3位になり、高校3年生の時には長崎県の強化選手に。その後、県内トップクラスの進学校に通う初瀬には、東京大学に進学し、法律家になるという目標があった。

緑内障は視神経が障害を受けて視野が徐々に欠けていく進行性の病気である。出術を終え、眼帯を外した時の初瀬のショックは言葉にできないほど大きかった。


視力を失った当時は大学2年生の後半で23歳の時だったそうです。

測り知れない程の絶望を感じたことでしょう。


母に「必ず大学は卒業するから」と約束をした。大学サイドは「途中で視力を失った学生は初めてで、他の大学に問い合わせても前例がない」と戸惑ったものの、「前例がないなら、この大学で良い事例を作ろうじゃないか」と前向きな回答をくれた。



大学側の様々な配慮や、友人たちのサポートで卒業できたにもかかわらず、たくさんの友人を失ったとも語っています。

会話の中でのちょっとした言葉などが胸に突き刺さりフェードアウトしてしまったことが理由だそうです。このコメントから当時の心の状態がいかに辛かったのかを想像させます。

そんな1人取り残されたような感覚の中、視覚障害者柔道を開始し、徐々に自信を取り戻していきます。

その後、

・全日本視覚障害者柔道大会の90kg級7連覇
・2012年開催の同大会では81kg級で初優勝
・2008年『パラリンピック北京大会』出場

2012年11月4日には、東京都スポーツ功労賞を受賞しています。現在は、障害者雇用を創造するコンサルティング会社の代表取締役となって活躍しているようです。

株式会社ユニバーサルスタイル





(記事編集) http://judo1010.blog40.fc2.com/blog-entry-80.html

2012/12/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

柔道基礎知識を伝える見やすいサイト柔道チャンネル

   ↑  2012/12/04 (火)  カテゴリー: 柔道のコラム
柔道チャンネルのコンテンツ「柔道の基礎知識」はイラストをたくさん使っていて、わかりやすいというより、とても見やすいサイトを提供しています。

内容は以下のようになっています。



purpose.gif

①柔道の魅力

嘉納治五郎氏の、「精力善用」「自他共栄」を分かりやすく伝えています。





柔道着

②柔道衣

柔道衣の着方と帯の締め方や柔道衣のたたみ方を動画で見ることができます。柔道衣の各部名称もイラストで分かりやすく紹介しています。




柔道基本ルール

③基本ルール

「講道館柔道試合審判規定」で柔道の試合は行なわれています。正式な試合場の大きさや、試合の始めと終わりに礼をする位置などのを記載しています。

また、技の判定や試合時間についても丁寧に書いています。





柔道受け身

④受け身

「受身」は基本的な柔道技術です。柔道は受け身を身につけなければ始めることができないと言っていいくらい大切なものです。

このコンテンツではムービーでも見ることができます。





投げ技

⑤技

柔道の投技は、相手の姿勢を崩して倒すことを目的とします。このコンテンツでは、主な投げ技を紹介しています。




柔道帯

⑥段級位制

柔道の帯は段・級によって色分けされていて、それぞれの段位を表します。柔道の黒帯は稽古を重ねることで、帯が黒くなることが強さの象徴とり現在の黒帯となっています。

紅白の帯にも意味があり、詳しく解説されています。



他にも「柔道を楽しむ」や「柔道の始め方」などのコンテンツもつくられていて初心者が見やすいサイトがつくられています。

柔道チャンネル:柔道の基礎知識

(記事編集) http://judo1010.blog40.fc2.com/blog-entry-61.html

2012/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |